強直性脊椎炎とはどんな病気? / 強直性脊椎炎の情報発信サイト

その持続する腰痛を見逃さない

  • 強直性脊椎炎セルフチェック
  • 強直性脊椎炎を相談できる医師検索
  • 強直性脊椎炎の患者会が公開している医師リスト

強直性脊椎炎とは?

脊椎炎(SpA)の概念

脊椎炎(SpA)の概念

強直性脊椎炎(AS:Ankylosing Spondylitis)では、おしりの両わき(仙腸関節)、背骨(脊椎)、腕や足の関節に慢性的に痛みを感じます。また、背骨(脊椎)の動きが悪くなる炎症を特徴とし、慢性的に進行するリウマチ性の疾患です。
強直性脊椎炎(AS:Ankylosing Spondylitis)は、はっきりとした病因は不明ですが、発症した患者様の多くが白血球に存在する組織適合抗原のHLA-B27が陽性であることから、遺伝的因子の関与が示唆されています。
強直性脊椎炎(AS:Ankylosing Spondylitis)は、脊椎関節炎(SpA:Spondyloarthritis)という疾患群のひとつに分類されています。初期にはおしりの両わき(仙腸関節)、背骨(脊椎)、腕や足の関節に付着する腱や靱帯が炎症を起こし、進行するとその腱や靱帯が骨のように固くなり、背骨(脊椎)が曲がらなくなってしまう疾患です。

  • 強直性脊椎炎セルフチェック
  • 強直性脊椎炎を相談できる医師検索
  • 強直性脊椎炎の患者会が公開している医師リスト